離婚分割

離婚時の年金分割、やらなきゃ損です。

H20年4月より、夫がサラリーマンなど社会保険加入者で、妻が専業主婦・パートなどで収入が少ない場合(第3号被保険者)、離婚により厚生年金部分の2分の1が強制的に妻へ分割されることになりました。これ以前の分に関しては上限0.5で、夫婦間の話し合いもしくは裁判所の決定によって分割をすることが可能となりました。

「年金の2分の1がもらえるのか」と考えられがちですが、厳密には「厚生年金保険料納付記録の2分の1」が分割されます。言葉の綾といいますか、少し難しい(誤解されやすい)表現なので、詳しくは直接お尋ね下さい。

これまでは夫が安心して仕事に励めるよう、家や子供を守ってきた妻に対して何の評価も下されていなかったのですが、この「年金分割制度」がスタートしたおかげで、妻の役割分担が正当に評価されるようになりました。

離婚後2年以内に裁定請求をしなければならず、ホッとするのもつかの間、なるべく早めに手続きをしてしまいましょう。また、離婚時に年金分割の按分割合まで決めていなかった場合は、別途家事審判(家事調停)が必要となる場合もあります。そうなるとなおさら時間はかかってしまいます。

ご自身の将来に関わる大切な請求です、まずはご相談下さい。 社労士業務を超える範囲については各分野の専門士業者に依頼しますので、厚生年金保険料納付記録が改定され「標準報酬改定通知」がお手元に到着するまで、安心してお待ちいただけます。

「2年の時効」は絶対的な期限です。ご不安に思われている方は手遅れになる前に一度ご相談下さい。(妻だけでなく、妻の扶養となっていた夫、いわゆる専業主夫の方も対象です)

▲ページの先頭に戻る